【青木キャプテン】

1月24日名古屋クラブの2015年度のシーズンが終わりました。関係者の方々、OB、ファミリーの方々、応援頂きありがとうございございました。
目標には届かず結果的には悔しい思いがありますが、楽しく名古屋クラブらしいラグビーができたシーズンだったと思います。

今年は打倒タマリバを掲げ、例年にないくらいハードトレーニングを積んできました。しかしそれでも勝てなかった…この反省を来期に活かし、また一から日本一を目指していきます。

今シーズンは名古屋クラブ創設50周年であり、NPO法人立ち上げ元年でした。
自分たちがラグビーを楽しむだけでなく、地域貢献、ラグビーの普及という一段高い意識でラグビーに取り組めたシーズンでした。
更に、ファン、部員を増やし地域に根付いたチームになるには勝ち続けることで存在を示す必要を感じました。
来期こそは今期のリベンジを。
そのために名古屋クラブの新たな歴史を刻むべく現役一同精進して参ります!
引き続き名古屋クラブをよろしくお願いします!

2015シーズンキャプテン 青木 亮輔

【内田監督】

50年目を迎えた2015年シーズンは50周年イベント、NPO法人化などいろいろなことがあり、あっという間に過ぎてしまいました。
新しい歴史を刻もうと選手と一緒に突き進んだ1年も目標には届かないままシーズン
が終わってしまいました。

今年は転勤や引退でメンバーが大幅に入れ替わってしまいチームが一つになるのに時
間が掛かりましたが、全国大会を目前にしてやっと一体感が出来てきました。
ただあと一歩やりたいことが出来なかった。その結果2回戦で敗退という悔しいシーズンでした。
しかし、最後は春から目指していたラグビーに少し近づいたと思います。
来年はさらにメンバーが入れ替わり苦しいシーズンになると思いますが、困難を選手
全員で乗り越えて行きます。
名古屋ラグビークラブの歴史・伝統は今の選手にも受け継がれています。
「ラグビーが好き、お酒が好き、仲間が好き、そして名古屋クラブが好き」という、ただ単純でシンプルな思いが50年間の歴史を築いてきました。
支えてくださったたくさんのOB・ファミリーの方に感謝でいっぱいです、そして何より日曜に快く送り出してくれる家族に感謝です。

51年目の今年はNPO法人名古屋ラグビークラブを設立しました。
試合に勝つだけが目標ではなく、ラグビーを通じて社会貢献が出来るチームに成長し
ていきます。

これからもご支援、ご指導をよろしくお願いします。

名古屋ラグビークラブ監督 内田 治